プロフィール

カタクテ仮面

Author:カタクテ仮面
トートゥガナシ~ありがとう!

アメブロに引っ越しました。

たくさんの日々の思い出がこちらの
ブログにも、つまってます。

初めての方はこちらもみてね~

カレンダー+最終更新日

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

THE TWISTARS

オリジナルTシャツ 

オリジナルTシャツ

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日国際通りの・・・ 

20081129220348ライラにてライブでした。
沖縄も肌寒さを感じる季節になりました。

与論の小学校の同級生みたいに沖縄でも半袖・半ズボンで冬も過ごしたいところでしたが、さすがに無理・・・

しかし来てくれたお客さんは温かく沖縄でのライブも熱いものになりました。

ちなみにライラは伝説のライブハウス沖縄ジャンジャンがあった所だと言うことも初めて知りました。

久しぶりにサポートギターのジン君とライブを見に来てくれた与論の後輩と
久茂地にある抱瓶に飲みに行きました。

こちらも密度の濃い夜だったな・・・
スポンサーサイト

与論みやげ話

20081128144621ヨロンうちじゃしょりライブも無事終了しましたが、連日の飲み会でやってしまった・・・

パソコンが無い時のブログUPの命綱

ケータイの破損・・・これは痛い・・・

ジーンズのポッケに酔っぱらって手荒に突っ込んだのだろう・・・

あまり覚えてない・・・通話もメールもなんとかできるが、液晶画面が壊れたテレビの
様にビビビビビーガガガガ- 室内アンテナで見るテレビのようだ。

電車も飛行機もそばを動いてないないのに画面が揺れて写真が撮れない・・・

かわいい猫たちの成長も、船で見送られる時の感動的な七色のテープの場面も、
手を振るお世話になった友達も写真に取ることができなかった。

しかし決して忘れることはないだろう。この感謝の気持ちを

ちなみにお土産にもらったのは

あぐんちゃーTシャツ! 与論の方言でともだちと言う意味の言葉です。

最高にうれしい。

沖縄に帰り、慣れないケータイをとりあえずレンタル!

今夜はライラで歌います!

少々の失敗にはめげないでしまっていこうぜ!!!

ヨロンうちじゃしょりライブ!

2008年 11月22日に与論のサビチラ館でヨロンうちじゃしょりライブが開催されました。無事リハーサルや準備も終わりメンバー・スタッフともども気合いの掛け声「シャー!」
20081124150503.jpg
この日のために同級生や与論の先輩・後輩ががんばって準備してくれました。20081124150505.jpg
開場時には、大型のスクリーンにオリジナルで編集されたザ・コブラツイスターズも含む川畑アキラの活動歴がデカデカと流れています。20081124150508.jpg
実行委員長の開会のあいさつと「ライブを楽しんで与論のサンゴを守ろう」と言うことで与論島サンゴ基金への寄付することの説明と募金の呼びかけがありました。20081124150510.jpg
まずは与論高校生のバンド”NO TITLE+”の演奏
楽器もルックスも自分らが高校時代の10倍垢ぬけています。
堂々とした演奏!メンバーの中には小学校の時に自分のライブを見たと言う後輩もいました・・・・

そして次はいよいよ川畑アキラバンド
一部はアコースティク編成 与論人でやるよろん小唄さすがにこの曲はみんな落ち着いて演奏できるので一曲目に持ってきました。

そしてお客さんにCDやTシャツが当たるお楽しみ抽選会を挟み

二部は沖縄で製作したシングル”忘れたんじゃない思い出さなくなるだけさ”から3曲

そして本日の目玉”川畑アキラとYSーU40”
メンバー構成は一緒に高校の時にバンドを組んでいた同級生・音楽好きの後輩たちです。20081124150519.jpg
曲は高校時代にやっていた曲のカバー”RCサクセションの雨上がりの夜空に”
本当に最高の天気になりました。

与論の方言を散りばめた”オジーオズボーンのCRAZY TRAIN”
20081124150514.jpg
照明も気合い入りまくりでスゴイことになってます ラストは思い出の曲”アースシェイカーのRADIO MAGIC” 
高校の時に歌って以来ですが高校の時より声が出ててよかったです。
「音楽続けていて本当良かった・・・」

アンコールはデビュー曲の運命線船サラバ号出発でみんなで踊り
 
を合唱
今日の日はさようならでは子供たちも歌ってくれました。20081124150517.jpg
ライブ中は終始はしゃいでいた子供たち
「遊びつかれたのかな・・・」     いつの時代も子供たちは自由です。20081124150512.jpg
そして今日の記念すべきライブに集まってくれた人たち
その数500人以上!!!
地元の方をはじめ島外からも来ていただきました

本当に感謝!感激!です。ミッシークトートゥガナシ!!!
力を与えてくれた島の人々の温かさに感謝しています。最高のライブでした。

何をやるにもうちじゃしょりの精神です。

こんな素晴らしい時間が終わってしまうのは少し残念な気もするけれど

寂しくはありません・・・今日の日はさようならなのだから

この余韻に浸るべく連日 飲み会!与論献奉!

それって余韻じゃなくて酒浸りじゃない・・・?

まあ いいか シャー!!!(与論でj流行している掛け声です)

*写真は端がきれていますが写真をクリックするとみれますよ~

いよいよ明日!

20081121115644
20081121115641
ヨロンうちじゃしょりライブ、今回協力してくれたスタッフのためのTシャツがギリギリになって出来上がり

ライブの情報が奄美新聞・南海日々新聞にも掲載されました。

今日の夜はライブ会場であるサビチラ館に下見と機材の搬入です。

演奏するメンバーの中にも徐々に緊張感が…

「飲まなきゃやってられない」と言う声もちらほら…

それでは、こんなエピソードを…

誰もが知っている野球界のスーパースター‘イチロー選手’のお父さんは息子が試合で緊張しないように、試合をする野球場に下見に行ったそうです。

素晴らしい親子愛。

さすがに遠足の場所まで下見に行ったのは閉口したそうですが………

さてワクワク・ドキドキを楽しめるかな?

楽しみです。

いよいよヨロンうちじゃしょりライブ…

20081120011858
20081120011856
20081120011854
20081120011852
南の島にも冷たい風が吹いています。

灯り一つない畑の中にポツンとある、倉庫でもない納屋でもない妖しい空間…そうここが夜な夜な‘ヨロンうちじゃしょりライブ’の練習が行われている我らがスタジオです。

みんな仕事を持ちながら午後8時から12時近くまで練習してくれてます。

今回のライブは与論島の人たちでの手作りライブ。

メンバーは、高校の時に一緒にバンドをやっていた同級生や音楽が大好きな同級生・後輩で構成されています。

10月にちょこっと合わせた時はみんな不安な顔をしていましたが…練習のかいもありまとまってきました。

真剣にいうところは言って、冗談をいい飛び交い笑顔も増えて来ました。

きっと温かい良いライブになるでしょう。

メキシコの帽子はかぶりませんが、楽しいライブにしたいですね。

さて本番まで練習。

みんなでひとつのことに、力を合わせる素晴らしさをひしひしと感じています。

ASYLUM2008 その2!

20081117193217さて、先週、金・土・日と行なわれた”アサイラム2008

直に音楽に触れられた日々でした。

決して広い範囲ではないけれど、桜坂劇場の一角は強い磁場となり音楽を世界に発信していました。
2008111719321511/14 桜坂セントラルにて

広島在住の二階堂和美さんはギターを弾き語り楽器の声帯模写をして自分も好きな笠置シヅ子さんを蓄音機から流れているかのような声で聴かせて歌い踊り観客の度肝を抜いた。

今年結成20周年!のeastern youthは迫力のある声とギターが感情に乗って爆発、そこをしっかりとドラム・ベースが支えていてバンドの底力を見せてもらった。同じメンバーで続けること自体大変なのにさらに進化・深化してるとは・・・考えさせられた。

11/15は自分のインストアだったので見れず・・・

11/16 最終日 映画館でもあり、ライブもやっている桜坂劇場

久しぶりに見た野狐禅

デビュー当時バンドで対バンしたこともあり、激情フォーク+ピアノのサウンドで日常を
切り取る詩の世界は健在であった。沖縄初ライブと言う事であったが自分はバンドでの沖縄のライブは夢叶わなかったので、昔から続けているバンドを頼もしく思う。

タテタカコさんは夏以来か・・・
つかみで観客を笑わせ、曲に入るとヒリヒリとした緊張感と繊細さを感じさせる。
音楽を奏でている時もMCをしている時も独特の間がある。笑わせようとかしてないんだとは
思うんだけど真剣だから「おもしろい音楽をやる人は話もおもしろいんだな・・・」と思った。沖縄の後は与那国・石垣・宮古島を野狐禅と廻るそうで離島ツアーも楽しそうだなと思った。

そしてラストは小谷美紗子さん
小谷さんも沖縄ライブは初と言うことだが、その声とピアノの力強さに圧倒された。
三線の弾き語りでもそうだが、ピアノの弾き語りで心地よいと思わず眠くなってしまいそうだが、そんな所が全くない・・・特にバンドのデビューぐらいの時にラジオで偶然聴いた
”火の川”にはジーンと言うかドーンと来た。

とにかく今回は、見る側ではあったものの初めて見るミュージシャンのインパクトとイベントならではの連帯感、特に印象に残ったのはみんな最後の曲に込める想いが強かったのか最後の曲が特に感動したことである。

「自分だってまだまだやることがある・・・それは歌うことだ。」
と再認識させられた濃い日々であった。

音楽に感謝!

ASYLUM2008! 

20081114162252アサイラム2008と言うフェスが沖縄那覇の桜坂劇場を中心に開催されました。

前夜祭も含めて11/13~16までの期間、様々なアーチストが音楽を中心にして文化を発信します。

なんと言ってもうれしいのはこの個性豊かなラインナップ!
http://www.sakura-zaka.com/asylum2008/index.html

その前夜祭を桜坂セントラルに見に行ってきました。

お目当てはソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンです。

このユニットはソウル・フラワー・ユニオンのメンバー中川さん・奥野さんにピアニストのリクオさんを加えたアコースティック編成でピアノ・オルガン・アコーデオンなどののダブルキーボードにアコースティックギター・三線などが乗り、メンバーもお客さんもリラックスムードで最高に楽しいライブでした。

語ると長くなるのであまり語りませんが・・・
東京に来たばかりのころ、ソウル・フラワー・ユニオンの前身バンド
ニューエスト・モデル ボ・ガンボスが大好きでよくライブにも足を運んでました。

沖縄と言う場所で、元気に楽しく演奏する姿を見れたのも良かったですし、同じ音楽をやる人間として勇気をもらいました。 

満月の夜に聴く”満月の夕”

「”甦る人々”が出来たのもとちょうど同じころだったな・・・」と思いながら

どんとのことが頭をよぎった”荒れ地にて”

ニューアルバムの曲も良かったな 。

「人生は素晴らしい!人生はクソッタレ!」と歌うとみんな大盛り上がり!

素晴らしいイベント、アサイラム2008を楽しみたいと思います。





どどーんとライブ情報!

まずは沖縄で インストア
 11/15 サンエー西原シティ 15:00/17:00
「入場無料ですってよ」「買い物ついでに寄ってみるか」

★ヨロンうちじゃしょりライブ
■2008年11月22日(土) 与論島サビチラ館

■開場17:00 開演18:00
■料金:一般1,000円(当日1,300円) 中高生:一般500円(当日700円)
   小学生以下無料
   ※前売券発売場所:与論島内宿泊施設フロント、アイショップ、鵜木商店
■共演:高校生バンド
■後援:与論町、与論町教育委員会

「島の人間の手作りライブで今,一生懸命準備してるところじゃ・・・」

11/28 ライラ 19:30~ 21:00~
 

「冬の国際通りってどんな感じだろうね?アグー・・・」

★ヨロン島ファン感謝祭~尊尊我無(ありがとう)の感謝の気持ちをこめて~
■2008年12月14日(日)アクロス福岡イベントホール
■開場16:00 開演17:00 (終演20:00予定)
前売:大人(中学生以上)2,500円、子供(小学生以下)1,500円
  ヨロン島観光協会ほか、与論島内各施設で発売中
■出演:かりゆしバンド、川畑アキラ、小野綾子、FAT PROP
■(問)ヨロン島観光協会 TEL:0997-97-5151 (8:30~17:30)
  http://www.yorontou.info/index.php

各プレイガイドでも発売中です
 ・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:305-803)
 ・ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:86976) 

「与論の人も与論好きの人も博多に大集合だね!」 「とんこつラーメンと明太子にも与論の人が群がるだろうな・・・」

前代未聞 鳴りもの入りライブ vol.2~冬の陣
★川畑アキラ with 相馬圭二(THE TWISTARS) LIVE in KOZA
■2008年12月16日(火) 名古屋 オキナワAサインバーKOZA
■開場18:00 開演20:00
■料金:2,500円 ※飲食代別途必要、全席自由、要予約
■(問)オキナワAサインバーKOZA TEL:052-221-5244 18~24時(日曜定休)
  KOZAのブログに詳細が出ています
http://koza.della-nagoya.jp/ (デラ名古屋のページのブログから入ってください)
「前回同様、鳴りもの持って来てね。もちろん鳴らすも良し、じっくり聴くも良し」「ギターで相馬圭二参加 何が飛び出すかはお楽しみに・・・」

★あまみファン感謝祭~感謝の気持ちを島唄に込めて~
◎2008年12月20日(土) 日比谷公会堂
■開場16:30 開演17:00 (終演20:10予定)
■前売:3,000円(中学生以下2,000円) 当日:4,000円(中学生以下3,000円)
■出演:かりゆしバンド、川畑アキラ、大山百合香、禎一馬、エイサーチーム舞弦鼓

◎2008年12月21日(日) 日比谷公会堂
■開場15:00 開演15:30 (終演19:10予定)
■前売:3,000円(中学生以下2,000円) 当日:4,000円(中学生以下3,000円)
■出演:朝崎郁恵、中村瑞希、サーモンアンドガーリック、ANNA(里アンナ)、DOKI DOKI、
     エイサーチーム舞弦鼓

※両公演とも、11月21日(金)10時より発売 Pコード:309-750

 
このイベントに関する問い合わせ先
■奄美まるごと体験交流フェア開催実行委員会
 TEL:0997-52-6032
 http://amaminchu.com/topics/081114.html


「奄美の島々の人たちがそろう大きなイベントだね。サポートで相馬圭二、弟サトシが参加するよ。」「川畑アキラは初日!久しぶりの再会もあるね・・・ワクワク」

といったわけで、年末に向けて走り続けます。
皆さんどこかの空の下で会いましょう~!

東京与論会

20081110142032
20081110142030
さて毎年、声をかけていただいている東京与論会。

今回は沖縄で創ったCDを持ってきての参加です。この日しかお会いできない先輩方や初めて出会った方、たくさんの方に自分の新しい唄を聴いてもらい、CDを買っていただきました。

中にはこの東京与論会で自分のCDを購入し自宅の棚に並べる事が楽しみだと言う先輩もいて、とてもありがたく思っています。

さて与論会ではきちんとした挨拶もありますが、やはり盛り上がるのは食事やお酒が入ってからの演芸発表会!

今年は自分も含めて先輩方の民謡やエイサー・新極真会の空手・舞踊などありましたがなんといっても目玉は、六歳の三線弾き‘あおいちゃん’でしょう。
譜面台に顔が隠れてしまうほどの小さな体ですが堂々としたうたいっぷり。

多分自分が記憶するかぎり‘よろんの里’以外での大きな舞台は初めてなので
この東京与論会が本格的な初デビューライブといった所でしょうか?そこにいる皆さんが驚き喜ぶという楽しい光景がそこにはありました。

そして老若男女、踊りだしての大盛り上がり大会。先輩方はますます元気に若々しく後輩は会場の設営や進行など色んな所に細かく気を使ってこの会をサポートしています。

与論島出身の人たちや与論を愛する人たちが集まる憩いの場所‘東京与論会’

来年も楽しみです!

よろんの里ライブ!

20081108154112
ライブに来てくれたお客さんにこんなにプレゼントいただきました。

美しい花・落花生・竹富島の手拭い・名古屋のうみゃーっ手羽・浜松銘菓うなぎのぼり

東京に来て、よろんの里で食べて飲んで歌って踊ってそれだけでも最高なのにさらに‘わらしべ長者’になった気分です。

ここでのライブはマイクもありますがほとんど生で届く距離なのでアットホームな雰囲気。今回のライブも食べ放題・飲み放題となっていて‘よろんの里’の数々の手料理と与論の黒糖焼酎‘有泉’があれば自然と場が盛り上がります。

前半はソロの曲を中心に。

休憩時間は‘よろんの里’の天才娘‘あおいちゃん’の沖縄民謡タイム!ちゃんと習ったわけでもないのに短い期間で三線や民謡の歌詞を覚え本人いわく‘レパートリーは二十くらい…’今は民謡の先生についてるので次あうのが楽しみというか恐ろしい。

やはり民謡がかかるお店にいてたまにお客さんも三線でうたう(自分も含めて)環境と与論の血がそうさせたのでしょうか。

自分も子供の頃宴会という場の雰囲気が好きでよく、はしゃいでましたが三線だけじゃなくカラオケでの歌謡曲・演歌・ロック・フォークという色んな音楽を聴いてきたことが今の音楽性につながっているんだと思います。

さて後半はスペシャルゲストタイムでザ・コブラツイスターズ時代からの盟友でもあるギターの相馬を迎えてコブツイの曲を二曲ほど
「う~ん…やはり長年やっていたから久しぶりの演奏でもしっくりいくんだよなあ~」なんて思い

そしてさらに今回のソロライブには毎回顔を出してくれたポカスカジャンの玉井がゲストで登場!

ザ・ツイスターズの曲を演奏!おおいに盛り上がり東北キャンペーンでのおもしろエピソードを聞かせてくれたり、アンコールでは相馬の提案でロックなバージョンの‘甦る人々’

最後の「よみがえる~」の後を何回も何回も繰り返すバージョンでみんなで立ち上がりカチャーシーになりゾンビも踊りだすような熱い熱い夜でした。

そしてシメはよろんの里のマスターの挨拶と‘与論献奉’それぞれ今日来てくれたミュージシャン、お客さんが円になってそれぞれ自己紹介とライブの感想などを語ってくれました。

たくさんの人の前での挨拶が得意な人もそうでない人も心を込めて話してくれてそのひとつひとつが心に染みます。

お酒を飲むという形ではありますがそれぞれの真心に触れられるのも与論献奉の良さのひとつだと思います。

東京にくるとホッとできて元気をもらえる場所‘よろんの里’最高です!またライブやりたいと思っています。

「いかん…また真心飲み過ぎた……」

次の東京でのライブは12月20日奄美ファン感謝祭。場所は日比谷公会堂。与論代表として出ます。詳細はまた後日。

抱瓶ライブ!

高円寺にある、その名も炎の居酒屋‘抱瓶’(ダチビン)

今年1月以来のソロライブでした。

その日の手帳に色んなことが書いてあってライブ前に小田和正さんの‘クリスマスの約束’を録画しているのを見ている。

「勝負すべきはうた」
「音楽が好きだからやってこれた」とか、番組で言っていたであろうことをメモしている。

自分でも「音楽で光を当てて幸せにする。その力を信じる。」と書いてある。

曲のメニューもまだファーストソロアルバムが中心で、バンドの解散も沖縄に住むことも決まっていなくて大好きな抱瓶でライブをしていた自分は「その時、何を思いながら歌っていたのかな?」と思う。

沖縄での生活は沖縄にいるとゆっくりに感じられるんだけど東京に来るとあっという間に感じられる。

バンド練習した高円寺

飲み歩いた高円寺

服を見て歩いた高円寺

今思うとまさに高円寺は自分にとっての修行時代であり少林寺でもあったように思う。(今も修行の身ではあるが…)

そんな懐かしさやあたたかさを感じる高円寺抱瓶でまたライブが出来てとても幸せに感じた。

お客さんも歌い踊り、ギターの大竹さんも素晴らしいプレイを決め、弟サトシも汗だくになりながらパーカッションを叩き、灰太郎さんは「おおざっぱにいうとロックンロールはアイルランドとアフリカの合いの子、抱瓶は高円寺と沖縄の合いの子」という名言を残し、ザ・ツイスターズの玉井はムチャブリにもかかわらず‘甦る人々’を歌ってくれた。

本当にみなさんありがとう!トートゥガナシ!

ちょっとセンチメンタルになったのも抱瓶が取り寄せた有泉を飲み過ぎたからかも…

7日は目白‘よろんの里’でソロライブやります。
スペシャルゲストもくるかも…

あっ!また有泉だ……

うねり亭ライブ!

20081104162843
久しぶりの東京は肌寒く感じた。

半袖の国、沖縄から来れば尚更のことだろう…

羽田空港に降り立って思わず出た言葉が「涼しい…」使い方を間違ってしまった。

さて昨日は手塚治虫氏の誕生日でもあるらしい文化の日に阿佐ヶ谷‘うねり亭’でライブ!8月に弟と飲みに来て以来、ライブとしては久しぶりだ。

この場所は店長のブルさんをはじめスタッフ、お客さんがとてもあたたかい。

そんな中、沖縄で創った楽曲、カバー曲などを歌った。

そしてサプライズ!
アンコールでCDを発売したばかりの‘ザ・ツイスターズ’の玉井・相馬が乱入!
三曲をセッション!

うれしい再会となった。

ライブの模様は写真に取れなかったので、二人の新聞記事をパチリ。

東北キャンペーンの東奥日報にでかでかとのってました。

ザ・ツイスターズとは自分にとっての‘トキワ荘’

次は高円寺のダチビンでソロライブ!こちらはうねり亭と曲のメニューを変えてやろうと思っています。

ぜひおいでください。

ヨロンうちじゃしょりライブ!

poster.jpg 

さて11月になりましたが11/22に与論島でライブが決まりました!

ヨロンうちじゃしょりライブ

情報はぜひポスターを見ていただきたいのですが、これまでの経緯を簡単に説明すると・・・

8/10にサンゴ祭で帰った時に
「サンゴ祭もヨロン島ファン感謝祭も素晴らしいけど、自分たちがやりたい時に島で音楽好きが集まってイベントできないだろうか・・・」と発言した所

両親や同級生・音楽好きな後輩・日頃お世話になっている方々、色んな方々に賛同していただき、あっと言う間に同級生を中心に実行委員会 ができあがりました。

与論の人はお祭り好きなので一度心に火がつくと話がとんとん拍子に進みます。

「場所は与論でも一番大きなサビチラ館で・・・」
「ポスターやチケット作りは、デザインの得意な後輩に頼もう」
「島の高校生バンドも参加させよう」「司会は青年団長で決まり」
「プレゼントが当たる抽選会もしよう」「警備は?」
「演奏に参加出来るメンバーは?」「宴会部長、経理も必要だな・・・」
「与論島サンゴ礁基金にも寄付しよう」

などなどみんなが自分を呼んでくれるために、たくさんのアイデアを出しまとめてくれた事にもとても感謝していますが、なにより島の人間が力を合わせライブを成功させようと言う
心意気に心打たれました。

与論の昔の民謡にはこんな一節があります。

うちじゃしょり じゃしょり    *打ち出しなさい 
誠 うちじゃしょり         誠の心を打ち出しなさい 
誠うちじゃしば サヨサ       誠の心を持って言動すれば
ぬ 恥かちゅんが          何も恥ずかしくありません

やってみようと思うときに、うちじゃしょり! 
まさに手作りのライブ これからどうなることかワクワクしています。
チケットも絶賛発売中!島の至る所で購入出来ます。

がんばるぞ!応援よろしくお願いします。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。