プロフィール

Author:カタクテ仮面
トートゥガナシ~ありがとう!

アメブロに引っ越しました。

たくさんの日々の思い出がこちらの
ブログにも、つまってます。

初めての方はこちらもみてね~

カレンダー+最終更新日

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

THE TWISTARS

オリジナルTシャツ 

オリジナルTシャツ

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナラ与論観光ホテルライブ!

20090330123736
20090330123734
20090330123732
20090330123729
20090330123726
3月28日は、今月いっぱいで終了となる与論観光ホテルでのライブでした。

まずは夕方から島の後輩とのジョイントライブ。自分のオリジナル曲を、中学校を卒業して今度与論高校に入学する島の後輩が三線で奏でてくれたことにも感動しましたが、ひたむきに練習してくれたことにとても感謝です。


控え室は与論観光ホテルの部屋。泊まったことはないので記念にパチリ。


そしていよいよライブ突入。

ゆんぬエイサー、フラダンス、ジャンベが場内を盛り上げます。

与論島出身・川畑アキラが歌い、沖縄から来てくれたジョニー宜野湾さん・ギタリスト国吉亮君と‘甦る人々’そしてジョニーさんの名曲‘一本道’をセッション!


ジョニーさんの力強い歌声と優しいウクレレ、亮君のギターテクニックにも酔いしれた夜でした。

そしてステージ上でのお約束‘与論献奉’で、ライブのテンションも加速しました。

奄美大島から来てくれたバナナマフィンは小学校の時に与論にも住んでいたシマンチュのレゲエDJ!

彼には「ライブを盛り上げよう!」という男気をビシバシ感じました。
バナナマフィンとも‘オバケDISCOで踊ってる’をセッション!マシンガンの如く繰り出される言葉のアドリブに場内もヒートアップ。

セッションはみんな最高に楽しく与論のライブでは珍しい夜も深~くなるまでのライブでした。

奄美・与論・沖縄が与論観光ホテルでつながったライブ。来てくれたお客様、企画してくれたナチュラルリーフの小和口さん、協力してくれたスタッフ、出演してくれた全てのミュージシャンありがとう!


ミッシークトートゥガナシ。
スポンサーサイト

有村治峯翁

20090327134012
20090327134009
いよいよ‘サヨナラ与論観光ホテル’のライブに向けて準備も進んで、地元の皆さんの協力もあり明日が本番となりました。


今回のライブでテンションを上げるため読み返している本があります。

‘サヨナラ与論観光ホテルブログ’でも紹介されている有村治峯翁。その自伝とも言える‘南海の海運王・有村治峯の足跡/実島隆三著’です。

本の帯から文章を抜粋すると「丁稚奉公から身を起こし、一代で23社の企業グループを築き、国内旅客航路5位の海運会社を創った実業家の苦闘と成功の物語」

「戦中戦後、そして米軍統治、祖国復帰。激動の歴史に翻弄される奄美で地場産業を支え政治をも動かした豪腕と先見性。有村の生涯は、混迷の時代の羅針盤」となってます。

1900年与論町茶花生まれで2000年に永眠されました。

この本を読んでいると有村治峯翁の偉大さと奄美の激動の歴史もわかります。


祖父の川畑村中おじいさんとのかかわりもあるのですがライブで話したいのでここでは内緒にしておきます。

奄美の主要産業であるサトウキビを愛し、大島紬を愛し、離島を繋ぐ船で海の道を創った素晴らしい大先輩有村治峯翁!


最後に有村治峯翁の‘三つのおかげ’をここに載せておきます。

その一、「学歴がなかったおかげ」で他人の話をよく聞き自分なりに世の中の動きを勉強するようになった。

その二、「生まれ育った実家が貧乏だったおかげ」でどんな苦しい時でも辛抱し、耐え抜くことを覚えた。お金やものの価値がよくわかるようになった。


その三、「両親からもらった生まれながらの丈夫な体のおかげ」


逆境を力にして前向きに生きてきた先人たちに感謝して、今回のライブを盛り上げて行こうと思います。

いただきました。

20090326151330
20090326151328
サヨナラ与論観光ホテルライブのスタッフTシャツです。


真ん中正面には‘ヨロン島POWER09′island′s’の文字と出演者がプリントされています。


文字どおり奄美・与論・沖縄のパワーを結集するという意味もこめられています。

Tシャツ横には‘バックステージパス’もついてオシャレです。

WBCで日本優勝! 

ここんところずっとテレビの前で応援してました。
今日も手に汗握る試合展開。
沖縄は暖かいので窓全開で応援してると隣の部屋以外からも応援の声が聴こえてきます。それもまた日本全体が盛り上がってるようで楽しい。
でも一番の理想は”野球命”の父の解説を聴きながらテレビで応援できればもっとにぎやかだったでしょう・・・

子供の頃”世界の王選手”がホームランの世界記録を達成したときに757本の素振り(ホームランをイメージして)をしたことを思い出しました。

日本世界一!おめでとう!そして感動をありがとう!

自分も頑張らなければ・・・


 

東京マラソン

昨日の東京マラソンのダイジェストを見て
ヨロンマラソン以来、走ってない自分に少し寂しさを
感じる日々・・・

そしてW・B・Cを中心にまわってる日々・・・

いよいよ明日!

まほろばの里チーズ 

 新商品のビールが出るとついつい買ってしまいますが、その時、”おつまみ”も買います。
なんとなく気になった”山形県高畠町まほろばの里チーズ”
”柚子ごしょう””一味唐辛子”の二種類。
どちらもビールにぴったりで甲乙つけがたい・・・

小学校の頃もお酒飲めないのに宴会の場が好きだったので、チーズ・サラミ・するめなどが大好きでよく食べていました。
それは今も変わらない・・・

20090319221903.jpg

ライブ情報!

さて、3/28におこなわれる与論観光ホテルでのライブリハーサルを沖縄でやっていますが、
四月に東京方面でのライブも決定しました。


4/3 金曜日 小田原で初ライブ!
ジィーズ・キャフェ
 

チャージ¥2000+オーダー 時間20:00~
場所:小田原市鴨宮342-7 TEL:046-546-1808

photo.jpg

そして・・・夏以来の吉祥寺
4/14 火曜日 
泡盛と沖縄料理 南ぬ ニライカナイ
 
チャージ:¥2000  時間:19:00~
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1-B1F 
電話 0422-46-2900

ザ・ツイスターズでの花見・舞台とてんこ盛りですが、
ぜひソロライブも来てください!お待ちしております!

定期演奏会

20090316125453
与論のサビチラ館にて与論中・高等学校吹奏楽部の定期演奏会が行われました。自分は吹奏楽部ではなかったけれど母校の後輩たちの演奏を聴くのはいいものですねぇ…ゲストはこれまた母校の茶花小学校。小学校の時は鼓笛隊の小太鼓やティンパニなどの打楽器系を担当したのを思い出しました。

選曲もクラシック・宮崎アニメ・ジャズ・演歌など幅広く、たくさんの楽器が合わさる一体感はゾクゾクしますね。


そして同級生といつもの居酒屋で打ち上がっていたところ「あれ?アキラまだ島にいたんだね?…」という不思議な顔をされたので、そろそろ沖縄に戻ります。
久しぶりにゆっくりできました。春の与論も涼しくていいものです。

ヨロンマラソンで味わえるもの…

20090312133156.jpg
与論の素晴らしい海・空・風・自然 
20090312133159.jpg
沿道での島の人たちの声援!特に子供たちの「がんばれ!」
20090312133201.jpg
走ってきた人たち・応援してくれる人たちの待つゴール!そして走りきった後の達成感・・・ 
20090312133203.jpg
島の人が用意してくれたスタミナのつく”やぎ汁”新鮮な”ウニとアオサのスープ”疲れもふっとぶ!
20090312133205.jpg
完走パーティーでふるまわれる”与論献奉”やっぱり有泉・・・

自分にとってのヨロンマラソンは遠足・修学旅行の当日のようにワクワクするもので朝五時には目が覚めて走った後の気持ちは最高に気分のいいものだった。完走パーティーでのランナーのみなさんの盛り上がりも最高潮で最後はみんなステージに上がって踊っていました。こちらは体力的に、二時間のコンサート後のアンコールの時の状態に似ているかも・・・とにかくすべてが終了した後のビールの味が最高だったのはいうまでもない・・・

走りきりました!

20090308153058
20090308153056
第十八回ヨロンマラソン・リレーの部の第四区のランナーとして9.3kmを46分ぐらいで走りました。早いか遅いかは別にして気分爽快でした。練習したかいがあったな。


写真は出発前!と完走後の証しとしてもらった賞状、記念Tシャツ、記念メダル、黒糖焼酎有泉のミニボトルです。これから完走パーティーで歌うので細かい報告はまた後日です。

ウェルカムパーティー

20090307184600
20090307184557
20090307184554
ヨロンマラソンの前夜祭がサビチラ館で開かれました。座れないほどのたくさんのランナー、応援する人々、スタッフも集まり巨大なビアホールのようです。

与論小学校生による祭り太鼓、自分の母校でもある茶花小学校の吹奏楽部など演奏など音楽と料理とお酒が振る舞われます。

「ここは竜宮城か!」と思わずツッコミをいれたくなります。

本番前日というのに与論島はとにかく飲ませます。もちろん与論献奉はもちろんあり。昨日自分もリレーにでるといって居酒屋で飲んでたら「がんばってよ!」と焼酎一本いただきました。

今日は禁酒です。

ゼッケンもつけて気持ちも盛り上がってきたので眠れるか心配ですが明日は7時前には起きないといけないので寝るべし。

前夜の食事は炭水化物がいいみたいです。

ヨロンマラソン前々日

20090306184713
20090306184711
20090306184709
20090306184706
さてしばらくは携帯でのブログアップになりますが、ヨロンマラソンの実行委員会の皆さんが港や飛行場で横断幕をもってお出迎えです。ヨロンマラソンはリピーターが多いのが特徴。島民のあたたかい気持ちがうれしいですね。自分もシマンチュですが…

新聞の発表によるとエントリーは1452名。小さな島の道路にはたくさんの人であふれるでしょう。

着々と準備は進んでいますが、気になるのはお天気。
長袖が必要なほど肌寒く海の色を見ればあまり天気が良くないのがわかります。
本番には晴れてほしいものですね。

サンゴの日 

200903052304543月5日はサンゴの日
写真は7年ほど前に石垣島に行った時に購入したサンゴTシャツ
”われもの注意”のアイディアが気に入っていて大事にしてます。与論や沖縄のサンゴもいつまでも美しくあってほしいものです。
さていよいよマラソンのために与論入り!
沖縄で走った思い出を胸に・・・
20090301153049.jpg
ランナーにやさしい沖縄。

三線の日!

20090304213754.jpg

三つの線と書いて‘さんしん’と呼びます。
本気と書いて‘マジ’
理由と書いて‘ワケ’
結晶と書いて‘カケラ’

全然関係ありませんね…

話が脱線しましたが、沖縄では今日はサンシンの日。イベントが各地で行われているようです。

自分は家で、先輩方‘与論民謡保存会’が演奏している(おじいさん、おばあさん方)CD、‘与論民謡全曲集’を聴いています。

生まれる前の民謡は戦前のカントリーブルースのように響き、沖縄民謡に似ている要素もありますが、やはり与論は独特の味があります。

いつかこのアルバムに入ってる唄が自然にでてくるおじいさんになれたらと思います。

スーパーサンシンJに…

3・・・3・・・

20090303230141今日は3月3日
ひな祭りでもあり、耳の日でもありますがやはり走ってます。
マラソン本によると本番前一週間は調整期間であり疲労を残さない程度に走るのが良いそうで甘い物で疲れを取りました。三ヶ月前に走り始めてからと言うものランニングで守らなければならない”ルール”がありました。
それは”絶対に3日はあけない!”というルールです。
”世界のナベアツさん”ではないですが、この三ヶ月なにかとこの
という数字を意識しました。
手帳やカレンダーにあらかじめ書き込み、ライブがあったりいきなりの飲み会がある場合は予定を前倒ししたりしてなんとか三日坊主にならず続けて来ました。
これで完走できたら自信もつくと思うんだけど本番はリレーなのでスピード勝負!
どうなるか?わからないけどケガしないようにがんばります。

ランニングと音楽の関係

いよいよ来週に迫ったヨロンマラソンに向けて定期的に走っている訳だが、最近はよくデジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴いている。
普段は家でヘッドフォンで音楽を聴く事はほとんどないしウォーキングでも,街の音を聴いたりすることが好きだしウォーキング中にメロディーが浮かんでくる事も多いので、移動中の電車、車、バスぐらい。それも長時間は聴かない。そもそも外の世界を遮断して音楽を聴く事があまり好きではないんだろう・・・と思っていた。

しかしランニングを一時間・二時間と距離を延ばすごとにごとに本当に何もない道を歩く時もあるし、孤独な時間は嫌いではないのだが”どうでもいいこと・・・得体の知れない不安?”が頭の中をグルグルまわることも(頭のまわりにハエが飛んでる感じか)あるので、
ものは試しでデジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴きながら走ってみた。これがいいのである。
まず時間の感覚がわかると言うこと。よく聴くアルバムだと「この曲が終われば一時間ぐらいだな」とか「この曲のテンポ感で走ろうとか・・・」
まあ走ってる人にとっては当たり前のことだと思うんだけど自分にとっては新鮮な感覚だ。
洋楽も聴くのだが走ってると特にいつもと違って感じるのは、邦楽の方で”日本語が身体の中に入ってくると言うか脳の中に飛び込んで来る”感覚があるのだ。

「この感覚は何だろう?」とよ~く考えてみると
”ライブで自分が歌っている時の感覚”に近いことがわかった。
この発見だけでも自分にとって走ることは有意義なことである。

さわやかな朝にはオリジナル・ラブのラブソング
苦しい登り坂ではザ・バックホーン
自分にないものを求める時には くるり と

 
走ると言葉の入ってくる感覚が新鮮で楽しい。

一応、音楽のことを話しているけどヨロンマラソンが終わるまではしばらくランニング・ブログが続く・・・と思われます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。