プロフィール

カタクテ仮面

Author:カタクテ仮面
トートゥガナシ~ありがとう!

アメブロに引っ越しました。

たくさんの日々の思い出がこちらの
ブログにも、つまってます。

初めての方はこちらもみてね~

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

twitter

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

THE TWISTARS

オリジナルTシャツ 

オリジナルTシャツ

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨロン島フェア! 2

ヨロン島フェア ジャスコ具志川店で開催しました。

たくさんのご来場誠にありがとうございます。




今回は沖縄市立中の町小学校の皆さんが演奏してくれました。元気いっぱいです。




そしてたくさんの荷物を車に積んで与論からやってきた観光課のみなさん




具志川から那覇の国際通りのホテルまで自分がナビ

国際通りを走る与論町の車

沖縄を走る鹿児島ナンバー新鮮です

南町長も来てて軽い打ち上げ
与論の観光の発展を願いながら廻す与論献奉は最高です。

今日はいよいよ最終日

パレット久茂地前にて 14:00~ 15:30~でやります!




ヨロン島フェア!

名護ジャスコにて与論島の物産・文化などをアピールするヨロン島フェアが始まりました。

与論島は沖縄からとても近い島ですが、今回のキャンペーンで島の魅力を知ってもらって
実際に行ってもらったら最高ですね。




与論観光協会のみなさんの気合いが幟にもあらわれています。




黒糖焼酎”有泉”や酢・塩・黒糖などの物産の数々




試食できるコーナーも・・・沖縄の方もなじみのあるもの・・・微妙な味の違いも楽しんで欲しいな~




PR用のかわいい”うちわ” 地図付きで裏はヨロンのイベントが書いてあります




よくみると指をいれる部分が与論島!
「くりぬいた後は、財布にでも入れて大事にしてね~」




その場を盛り上げるため、地元の吹奏楽にも協力してもらってます。
名護市立大北小学校のみなさん




沖縄の皆さんには馴染みのある、”琉球舞踊”
その昔、与論も琉球だったので琉球文化の影響を強く受けてます。
沖縄と兄弟の様な関係だと思っています。




自分もうたで与論島のPR
与論の島からたくさんの”うた”をいただいたので「島の何かできる」ということは、幸せなことです。
感謝の気持ちを込めて「ミッシーク・トートゥガナシ」
はるばる、東京から駆けつけてくれたお客さんもいました。




自分のCDも含めて買い物をすると、与論の名産や旅行券があたるお楽しみ抽選会もあります。

今日は具志川ジャスコ、明日はパレット久茂地で開催されます。

与論の風を感じにぜひ来てください!


三池移住百年祭

雨降りしきる沖縄に帰ってきましたが

今回、博多のライブともうひとつ目的がありました。

 旧三井三池炭鉱で働くため、鹿児島県・与論島の人たちが福岡県大牟田市へ集団移住してから100年。その子孫でつくる「大牟田・荒尾地区与論会」(町謙二会長)は4日、同市にある与論出身者の共同納骨堂で「三池移住百年祭」を開いた。


その百年祭のお祝いを盛り上げるため祝宴の席に4月4日、呼ばれました。

西日本新聞




会場の大牟田ガーデンホテルでは食事とお酒が振る舞われ来賓のご挨拶や唄・踊り含めて4時間たっぷり 広い会場が”与論色”に染まっていきます。

「一体ここはどこなんだ?」状態

大牟田・荒尾与論会の皆さんはじめ与論島を想う気持ちがそうさせているのでしょう。





後半はライブが行なわれて久留米在住のミュージシャン野田かつひこさんが与論を訪れた時に作った”有明のユンヌ”を熱唱

川畑アキラはその後50分ばかりのステージを勤めさせていただきました。

与論の民謡をはじめ与論を想って創った曲をうたいました。

今回は特に、一昨年のアクロス福岡で歌って反響があった”朝日が昇る前に”と

今回の三池移住百年祭のために創った”黒いダイヤの涙”と言う新曲を

「ぜひ大牟田で、与論を出てこちらに移住してきた皆さんの前で、」歌いたいと言う想いが強かったですね。

続きを読む »

与論の思い出

moblog_d11d9f4b.jpg

昨日の船で沖縄戻りましたが、いつもより波が荒く船の揺れと連日の飲み疲れで
さすがにクタクタになりました。

今回もたくさんの思い出ができましたが

母の誕生日祝いに父と自分3人で外食したり(百合が浜ちかくの”ぷぅ”と言うお店です。)

moblog_0951abb0.jpg

猫たちに椅子を占領されたり・・・

moblog_90352ee9.jpg

島の人たちと熱く語り合いまたパワーをもらいました!

さて今日はお酒も飲まずにひとり静かにブログ更新

「こんな夜も必要ですね・・・」

与論からの携帯での更新は写真の順番が逆になっていました・・・ごめんなさい


さて明日は波照間ライブ

また沖縄でがんばります!



完走パーティー!







さてヨロンマラソン走った先には何が待っている?

ということで走り終えた充実感と安堵感と心地よい疲労感と完走パーティーが待ってるわけです。

レース中はパラついていた雨も上がり予定通り茶花海岸で行われました。

用意されたビールにおつまみをいただきながらフラをみたり…

フルマラソンを四時間を切るタイムで走った長井秀和さんがMCをつとめるじゃんけん大会があったり…


と、ゆるやかな島の時間が流れますがこの間にも与論献奉は確実にランナーの皆さんに振る舞われているわけです。

そして最後は音楽と言うわけで与論の風景を眺めながら‘運命(ヌサリ)’

‘オバケディスコ’で踊ってもらい

この日の為に用意した新曲‘ワーチタバーリ’(与論の方言でいらっしゃいの意味)を歌い

沖縄からのスペシャルゲストである太田るみさんに歌っていただき二人で‘十九の春’をデュエットしました。

ヨロンマラソンも第十九回だったので「十九回大会なので十九の春やります…などとトークすれば良かった…」と後から思ったものです。


そして4月21日にCD発売が決定した‘親父殿よ~ウヤウムイノウタ’の歌を歌いました。

丈夫な身体に産んでくれた両親・島のご先祖様・参加してくれた皆さんに感謝の気持ちを込めました。

そして最後はカチャーシー!
ブレイクダンス?金の鯱?特技の踊りを披露する方・思い思いに踊る皆さん

そこには‘自由過ぎる空間’がありました。
原人踊りですね。


ヨロンマラソンは今年も最高に楽しい祭りとなりました。

ランナーとしてもシンガーとしても呼んでいただきミッシークトートゥガナシ

来年も、ヨロンマラソンにまたワーチタバーリ~♪

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。